2013年4月 のアーカイブ

大曲納豆汁旨め研 in 台湾

2013年4月20日 土曜日

taipei

大曲納豆汁旨め研は2度目となる台湾遠征をしてきました!

4月5〜7日の三日間、台湾南投縣の地方都市・埔里(プーリー)と草屯(ソートン)に 於いて、311 東日本大震災に対するる台湾からの多大な支援と義捐金に感謝し、さらに東北の観光PRと両国の食と伝統芸能・祭りの相互文化交流を目的とする大イベント【第2回台日鼓舞節】へ参加しました。

2011年311の東日本大震災を受けて秋田県の観光産業の打撃や風評被害を心配した台湾の馬立法委員(国会議員)が、十数年来の家族付き合いをしている仙北市の妙乃湯さんを通じて、台湾で東北の観光PRイベントを企画してくれました。
2011年秋、北東北のご当地グルメと祭りの仲間は、台湾側が準備してくれたチャーター機で訪台し2日間のイベントを盛り上げました。その後、互いに幾度かの訪問を繰り返し、2012年には東北へのインバウンド観光ツアーも実現しました。

今回は一年半を経ての【第二回台日鼓舞節】開催です。
秋田県のフードプロあきたを中心に、隣県の仲間団体 も加えたご当地グルメチーム東北連合が11団体、北東北の郷土芸能・祭りの団体が6 団体、そして行政団体やマスコミなどの関係者を合わせた一行190名。

4月3日に台湾側が準備してくれたチャーター機で秋田空港を出発、全ての行事・日程をこなして8日夜に秋田空港へ全員無事に帰着いたしました。 現地は雨期に入り雨がちな天候でしたが、事前にTVCMや広報が充実しており、また2回目で認知度も増していたことから、会場は大勢のお客様で埋まり大盛況でした。田舎の中堅都市にも関わらず、片言であっても日本語を話せるお客様の割合が驚くほど多く、また我々に対してとても親しく接してくれました。台湾側の受け入れ体制は政府団体や地元ボランティアが精力的に動いいただき完璧。

311支援への御礼を伝えに行ったにもかかわらず、逆に驚くほどの歓待を受けました。その有難さに感激したメンバーはイベント成功に向け燃えに燃えました。東北の伝統芸能や食の素晴らしさを台湾の皆さんに体感していただき、日本を好きになり、是非行ってみたいと思っていただけたことは間違いありません。

ご当地グルメには長蛇の列。しかもみな美味しいと喜んでもらえました。雨が降ったり止んだりで、パレードなどの日程や段取りは変更続きでしたが、伝統芸能や祭り団体の皆さんはお客様の大歓声と歓待に感動し、ずぶ濡れになりながら懸命に演技を続けてくれました。さらに演技が終わると会場に入り、現地の方々と記念撮影や愉しい会話。「食」と「祭り」は絶対に切り離せず、対になれば倍増の感動を与えることができる、 強く深く文化を伝えることができると確信しました。

今回はさらに、日本からの参加メンバーの絆を深めることができたのも大収穫。2年前の第1回はイベント自体大成功であったものの、ご当地グルメのメンバーと、郷土芸能のメンバーが別行動であったため、意思統一が不十分で、ちょっと距離感がありました。しかし、2回目の今回は、秋田空港を出発するときから全ての参加者が共通の目的意識と気持ちを持って行動することができ、毎晩、全参加者が一体となって台湾の 皆さんと懇親会を開催。日中疲れているにもかかわらず、台湾皆さんの気持ちに感動したメンバーは毎夜異様なほどの盛り上がりで懇親を深めました。
街を愛し、地域や伝統を守るために活動している人達ちは共通言語と仲間意識を持ち得ます。地域をPRするための最強のパッケージが出来上がったと言って過言ではありません。

これからもライフワークとして相互交流を息長く続けていきましょう。

「新作花火コレクション2013」出展しました!

2013年4月9日 火曜日

3月23日(土)、新作花火コレクション2013が大仙市内小友の大曲ファミリースキー場で開催されました。
県内外、若手花火師19名が集結し、その技を皆様にご披露!

sinsakuhanabi1sinsakuhanabi2

創造花火、いつみても面白いです。

sinsakuhanabi3sinsakuhanabi4sinsakuahanbi5

空気が冷たくて澄んでいるのでより鮮やかに見えます。

ところで!

なんといっても寒空に屋外イベントと言えば「大曲納豆汁」!!(笑)。

sinsakuahanbi6

sinsauhanabi7

打ち上げ前から沢山並んで頂き、大好評!!!

sinsakuhanabi8

完売御礼!帰りに立ち寄って頂いた皆様、申し訳ありませんでした。
来年も是非お越し下さいねー!!!