2016年2月 のアーカイブ

2.20「払田の柵 冬まつり」出展!

2016年2月23日 火曜日

IMG_4591

地元の冬まつり〜。本日はちびっ子が楽しめるイベント盛りだくさんのため、のんびり始動です。小腹が空く15時をまわるまで子供達は遊びに夢中!(^^)

IMG_4607

IMG_4597

雪そり、ミニかまくら作り、餅つき、綿あめ作りなどなど楽しそうです。

IMG_4606

初めてお会いした、払田の柵マスコット、「サクマロ」!

IMG_4613

子供ウケいいかも。

IMG_4622

でもお母さんたちの餅つきが個人的には好き。
今でイベント用の着物になっているけれど、本当に着ていた時代を知る世代はどのくらいまでなんだろう?保育園くらいの頃、両親の部屋の片隅にきれいな顔立ちをした女の人が絣に手ぬぐいでしゃがんでいるモノクロ写真、貼ってあった。
(米づくりの村/井上一郎写真集とか見て感動したのは私だけかな..。)

IMG_4599

ウメケンの大曲納豆汁はお母さんお父さんがウチのと全く違う美味しさだと食べてくれました。普通に家庭料理に出ているので珍しいものではないものね。(笑

子供達が楽しんで遊べるイベント「払田柵の冬まつり」でした(^^)
万事それでよしです!

IMG_4609

夜はこのミニかまくらにロウソクが灯ります。幻想的な時間を楽しめますよ!

IMG_21809

2.15「大曲の綱引き」盛り上げ飲食ブース運営

2016年2月23日 火曜日

umeken

280年の歴史を持つ県の指定無形民俗文化財「大曲の綱引き」。今年から大町交差点付近に飲食ブースを設置し、大一番の盛り上げに出店運営してきました。

あたたかい肉そば、おしるこ、ココア、甘酒、日本酒といろいろありましたが、
日本酒熱燗は1時間半で8升お呑みいただきました。
大曲は生粋の酒好きだ!

6

005

当日は吹雪く中、42歳の厄年となる昭和50年会が中心となって財振り棒と大綱を持って街を巡回し、夜は交差点で財振りを回し、上丁・下丁に別れて綱引きが行われます。

 

02

1

f

底冷えのする寒い夜となり、時折吹雪く雪の中、年代会の方たちの威勢よい声が響きわたりました。
地元に根付く小正月行事を大切に継承していこうとするこの街を支える多くの人たち。
時に雪とあいまってそれは美しく、男気溢れ、力強く、地域に根ざした行事であるなあと肌で感じる。年代を渡った男同士のやりとり、厄を背負い1年を通して巡行する主役年代、それを見守る先輩年代会と家族。子供がヤグラから巻かれるお菓子を拾いに集う嬉々とした姿など、寒さに負けない躍動する情景が気持ち良く、この地域の歴史に触れられる素晴らしい行事だなと思う夜でした。

商売繁盛しますように。

2月11日「川を渡る梵天」振る舞い

2016年2月12日 金曜日

01

大仙市、大曲地域周辺では雪国ならではの小正月行事・伝統行事が盛んな町。2月11日は花館の「川を渡る梵天」がありました。

12717621_10208474142472777_1720638321197942470_n

12715389_10208474143192795_2138675826971223847_n

大曲納豆汁ウメケンは振る舞い出動ですが、まずは渡河船のテスト乗船から。(乗せてもらいました!)水面に映る船上の梵天がとても綺麗でした!

花館各町内の梵天が続々と船渡場に到着、川を渡った先にある神社へ奉納するために、川を渡っています。

03
天気が良いのでお客様も例年以上!この行事は季節的に吹雪の中で川を渡るイメージが強かったのですが、こんな晴天は珍しく、川岸には県内外の写真愛好家の方々がずらりと並んでいます。

02

体力的に・肝臓的にかなりキツイ伝統行事ながら、無事渡りきり、
大曲納豆汁の振る舞いも盛況に終えることができました。

IMG_4500